株の口座開設

a:2893 t:2 y:2
まず、株の初心者であっても複数の株口座を開きます。
理由は2つあります。


①それぞれの証券会社の優れた機能を無料で使える。
②メインの取引証券会社がアクシデントで取引不可能になったときに、
他の証券会社を使ってリスクを避けるため。


①については、このサイト内で随時説明しています。
②についての詳しい説明 ⇒ 情報ツールを比較

              注文機能を比較    

各証券会社の登録画面を出しておきます。

各証券会社名をクリックし登録画面を出しておいて
下のタブから各証券会社の口座の開き方を参照してください。株の初心者でも簡単に登録できるように、画像を用いて説明をしています。

 ⇒ カブドットコム証券
 ⇒ SBI証券
 ⇒ GMOクリック証券
 ⇒ ライブスター証券
 ⇒ マネックス証券
 ⇒ 松井証券
 ⇒ 楽天証券

各証券会社の口座開設の方法

タブをクリックしてください。
株の初心者向けに詳しく説明しています。

カブドットコム証券


書類郵送申し込みではなく、
電子口座開設を選びクリックして開設画面を開きます。




1




STEP1.必要事項を書き込み申し込みます。




開設2




登録したメールアドレスにカブドットコム証券からメールが届きます。
本人確認書類も揃えておきましょう。




開設3




届いたメールにあるリンクからSTEP2.の手続きにすすみます。
本人確認書類はメール添付、ファックス、ファイルアップロードなど色々な手段があります。




開設4




STEP2.はSTEP1.で登録した認証番号を入力して、「次へ」のバナーをクリックするだけ。


開設5




約款・規定の確認、住所や勤務先など記入します。


口座開設6




開設7




その他投資歴や特定口座を開くかどうかなど記入します。
以上10分(もう少しかかります)程度で記入が終わります。


その次は本人確認書類をメール添付やファックス、ファイルアップロードなど
いずれかの手段で送って登録申し込みは終了です。




書類に不備が無ければ、本人限定受け取り郵便で口座番号とパスワードが送ってきます。
10分+αで手続きは終了しますが、ログインできるには郵送される口座番号とパスワードを待ちます。



SBI証券


ホームページの口座開設をクリックします。




画像の説明




記入項目が24あり、未記入があれば青いバナーが教えてくれます。




画像の説明




全項目を記入して「次へ」すすみます。




画像の説明




3か所にチェックを入れます。




画像の説明




全てチェックして確認画面へすすみます。




画像の説明




記入した内容を確認




画像の説明




 口座開設をオンラインでする方を選びます。


画像の説明


口座番号、ログインパスワードが表示されます。
(本人限定郵便で文書も送ってきますので大事に保管します)




画像の説明




ユーザーネームとパスワードで自分の口座の中に入ります。


証券口座にログイン




ログイン(自分の口座に入る)して残りの情報を登録していきます。




画像の説明




該当すればインサイダー関係の書類に記入(上場会社に勤務の場合)




画像の説明




取引金融機関を登録し、FX口座を開設するなら手続きをして登録完了となります。





登録は最も簡単で時間もかかりません。




口座開設のバナーをクリックします。




1




証券口座を開くので左のバナーをクリック。




画像の説明




記入はこの頁だけ。
それも殆どクリックで済むので早い。




画像の説明




あっという間に手続き終了です。


画像の説明




この後は次のメールが届きます。
パソコンの口座開設ナビから本人確認書類を送ります。




画像の説明




まだ口座開設は途中ですから気を付けて下さい。
暫くすると、郵送でログインパスワードとユーザーIDが送ってきます。
それを使ってログインして残りの登録をします。


ログインすると左メニューから種々の口座開設手続きが
できるようになっていてわかりやすい。




画像の説明



ライブスター証券は取引手数料が業界最安値という大きな魅力のある証券会社です。
それだけではなく、注文機能が優れているので利益を上げる売買ができます。
取引手数料の安さを示す画像です↓ 注文機能については○○を見て下さい。


画像の説明


口座開設の手順を画像を使いながら示します。
非常に簡単に開設できます。


開いてあるホームページを見て下さい。
赤枠の口座開設(上下どちらでも良いです)をクリックします


1


証券総合口座開設をクリックします。


画像の説明


約款や規定を読んで、同意するにチェックを入れます。


画像の説明


基本情報を入力します。


画像の説明


その後、勤務先情報、世帯主に関する情報、内部者登録
振込先金融機関、手数料プラン(一律、定額)、取引関連情報
などを入力して申込ボタンをクリックします。


画像の説明


次に確認画面が出るので入力した内容に間違いが無いかどうか
確認します。


その後本人確認書類を画像ファイルアップローダーで送ります


画像の説明


もしアップローダーで送れない場合、メール添付や
郵送などの方法があります。


画像の説明


アップローダーで送ったら申込完了です。


画像の説明

松井証券のホームページの口座開設をクリック。




画像の説明




松井証券もパソコン上で情報を記入しますが
申込内容を印刷して松井証券に送るという口座開設の方法です。




印刷ができなければ、記入した情報が印刷されて
松井証券から送って来るので、それに署名捺印、
本人確認書類を添付して送り返します。




まず、個人口座の開設を選んでクリックします。
口座開設の流れを見る事ができます。




画像の説明




これから記入していく情報を自分で印刷して松井証券に送る
松井証券から送ってもらって送り返すか、2者択一になります。




画像の説明




まず個人情報を記入。
記入漏れがあれば、口座開設エラーが出ます。




画像の説明




会社情報、インサイダー関連情報を記入




画像の説明


特定口座や入金先銀行の情報を記入。




画像の説明


記入した情報が正しいか確認します。




画像の説明




入力情報を自分で印刷できない場合、
入力した情報を送ってもらって、
捺印、本人確認書類同封で送り返します。




画像の説明




本人確認書類を種類が載せてあります。




9 本人確認書類




書類に署名、捺印して本人確認書類を送り
記入ミスがなければ松井証券からログインIDや
ログインパスワードが送られてきます。



「口座開設はこちら」をクリックします。




画像の説明




証券総合口座をクリックしますね。



画像の説明



申込シートに情報を記入していきます。
かなり簡単に記入できますよ。



画像の説明



記入した内容に間違いがないかどうかチェックします。
間違いが無ければ、申し込みます。



画像の説明



申込は終わったので、現住所に口座開設キットが
送られてくるので、本人確認書類を用意。
返送して、確認してもらったら取引開始できます。



画像の説明




ここも口座開設のバナーをクリック



画像の説明



楽天に登録してIDとパスワードを設定
既に持っている場合には、それを使って登録します。



画像の説明


画像の説明



画像の説明



楽天のIDとパスワードが決まったら
いよいよ楽天証券の登録をすすめます。



画像の説明



登録は当然郵送を使わずに、ネットを使って開設します。



画像の説明




戻る