株価移動平均線

株価移動平均とは?

移動平均線は、当日から過去にさかのぼり、
ある一定期間の終値平均値を、
1日ずつずらしてグラフ化したものです。


日々の株価の傾向をみようとするテクニカル指標です。
株価の動きを一つの流れとして捉えるので、
その傾向が見えることです。

株価移動平均線の計算方法

移動平均線の作成はとても簡単です。
例えば25日移動平均線であれば、
前の日からさかのぼり、25日分の終値を合計して25で割ります。
25日間のの平均株価を出すことになります。


移動平均線の方向性から中長期の判断ができます。
移動平均線からどれだけ株価が離れているかを示す
株価のカイリから目先の株価の動きを判断します。


それと、その期間に売買した投資家の平均コストともいえるので、
日々の株価と比較して「プラスかマイナスか」がわかります。

5日移動平均線は目先の株価傾向を読む

5日間平均よりも株価が上回っていれば目先の値上がりは続き、
逆に下回ると反落するというように直近の判断には有効です。


下の図では5日移動平均線の下に株価があるので、反落した状態です。
ここで5日移動平均線を上回ってくれば、
値上がり傾向が続く可能性がでてきます。



5日移動平均線を超えている

25日移動平均線は短期および中期の株価動向をみます

上の銘柄ですが、25日移動平均線は上向きです。
短期、中期的には上昇傾向はまだ変わっていません。


5,10移動平均線