売買用語集

  • 成行(なりゆき)
    • 特に値段の指定をせず、「いくらでも良いから買いたい(売りたい)」という売買注文。成行で発注された場合は、いくらで買えるか(売れるか)わかりません。値段にはこだわらず、とにかく買いたいときや売りたいときに利用します。


      一般的には本当に売買を約定させたいときには、成行き注文が一般的です。
      しかし、指値注文ができないような急速な相場の動きがある場合に、成行きで発注すると予想できない程の損失になる事があります。


      あるいは、成行でも発注後に値が付かなかったり、特別気配などで約定できないケースもあります。

  • 指値(さしね)
    • いくらで買いたい(売りたい)と、値段を指定して行う注文。値段が指定されているので、その値段より上で買えたりその値段未満で売れたりしません。ただし、株価が買いの場合はその指値以下(売りの場合はその指値以上)にならないと約定されません。また、指値と株価が同値の場合は、約定できる場合と出来ない場合があります。本当に売買したいときには、一般的に成行注文をします。

  • 逆指値(ぎゃくさしね)
    • 一般の売買とは逆の注文になるので、感覚的にわかり辛いでしょうが、損失を最小にするためにとても重要な注文方法ですから、逆指値の注文が充実している証券会社を選びましょう。


      カブドットコム証券ならではの【自動売買】の一つです。逆指値の種類が豊富なので、相場を見なくても損失を最小に、利益を最大限に伸ばせます。


      株価が売買発注時よりも上昇し指定した株価以上になれば買い、または株価が売買発注時よりも下落し指定した株価以下になれば売り、とする注文形態。通常の指値注文と逆の注文形態であるため「逆指値注文」と呼ばれています。


      逆指値は「順張り」というトレンドフォローの取引をするためには必須です。
      下がって買うのでなく、ある値段以上になれば買うのがトレンドフォローです。


      多くの投資家が、下がったら買うという「逆張り」をしたがりますが、
      まだまだ、下がるかもしれません。買うなら、下がっても再び上昇したことを確認して買うべきです。ナンピンという逆張り手法は「大きな損失」につながります。

  • 寄付成行(よりつきなりゆき)
    • 前場もしくは後場の一番始めに付く値段で売買する注文です。いくらで約定するかわからないので成行と同じです。寄付はその場で一度しかないので、寄付間際に発注した場合、間に合わないケースもあります。また、寄り付きで一度も売買が成立しない場合も約定されません。


      両建てを外す時に寄り付きや引け成行きを利用することがあります。
      そうすれば、売りと買いの価格差がないので
      思わぬ損失を被る事がありません。

  • 引け成行(ひけなりゆき)
    • 前場もしくは後場の引けで売買する注文のことです。約定する価格がかわからないので成行と同じです。引けで売買が成立しない「ザラ場引け」というケースでは約定されません。引けはその場で一度しかないので、引け間際に発注した場合、間に合わないケースもあります。また、引けで一度も売買が成立しない場合も約定されません。

  • 不出来引け成行(ふできひけなりゆき)
    • 指定した値段で場の引け前までに約定されない場合、引け成行注文となる注文。指値注文と引け成行注文を合わせたような注文形態。注意点は指値注文や引け成行注文とほぼ同じで、引け成行となっても引けで売買が無いと、約定されません。

  • 有効期限(ゆうこうきげん)
    • その注文の有効期限の指定。カブドットコム証券では、「当日限り」と「3週間先までの日にち指定」の2種類から選べます。
      株式用語では複数日にわたる注文のことを「出合い(であい)」といいます。

  • 受渡方法(うけわたしほうほう)
    • 売買における現金や証券の決済のことを受渡と呼びます。カブドットコム証券では買付注文を発注するときに、「預り金」か「自動引落」を選べます(自動引落は自動引落サービスに申込んでいる場合のみです)。


      「預り金」の場合、預り金が買付代金に満たないときは不足分を銀行送金します(「必要入金額」のページを参照)。
      「自動引落」の場合、不足分を指定の口座より自動引落されます(詳しくは「自動引落」参照してください)。

  • 約定通知(やくじょうつうち)
    • 発注された売買注文が約定された場合、即座にあらかじめ設定された【電話・携帯電話・E-Mail】に約定の連絡で通知が来ます。注文が約定されなかった場合も連絡があります(不出来通知)。通知先を設定されていない場合は通知されません。

信用取引用語集

  • 逆日歩(ぎゃくひぶ)
    • 貸株数量が融資数量を上回っている場合(つまり証金内において貸株超過になっている場合)、証金は株不足を解消するため品貸料を支払って外部から株券を調達し需給バランスを均衡させる。この品貸料を一般的に「逆日歩」と言う。逆日歩が発生した銘柄については、売建ての場合は買い方に逆日歩を支払い、買建ての場合は売り方より逆日歩を受け取る(実際には証券会社が間に入るため、売り方も買い方も証券会社と逆日歩の授受を行う)。逆日歩は1株あたりの単価で決定され、ホームページ・新聞等にも掲載される。

  • 品受け(しなうけ)
    • 信用取引(買建て)の決済において、貸付金(買付代金相当額)を支払い現物株式を引き取ること。「現引き」とも言う。

  • 品貸料(しなかしりょう)
    • 証券金融会社(以下「証金」)に持ち込まれる貸借取引は、買い方の融資申込みの方が売方の貸株申込みより多いのが通常だが、貸株申込みが融資申込みより多いと証金は証券会社や金融機関から株券を借りてくる。その際株券を借りた相手に払う費用を「品貸料」と言う。証金は証券会社から、証券会社は売方全員から品貸料を徴収することになっている。

  • 品渡し(しなわたし)
    • 信用取引(売建て)の決済において、貸付株券に現物株式を充当すること。「現渡し」とも言う。

  • 事務管理費(じむかんりひ)
    • 未決済建玉に対して徴収される手数料。当社では、建玉の約定日から1ヶ月経過するごとに1株あたり10銭(単位株制度の適用を受けない銘柄については1株あたり100円)、100円に満たない場合は100円、上限は1,000円。

  • 申告分離課税(しんこくぶんりかぜい)
    • 有価証券の譲渡益の10%(所得税7%・住民税3%)を税金として確定申告する課税方式。売却時に証券会社に課税方式を選択する書類を提出することが必要となります。確定申告時には、前年1月から12月までの1年分の取引による損益を通算する。
      ※軽減税率の10%は平成20年12月31日までの優遇税率です。それ以降は平成21年1月1日~平成25年12月31日までの4年間は10%の軽減税率が部分的に延長。

  • 信用取引(しんようとりひき)
    • たとえば「株式を買付けたいが、手元に充分な資金がない」場合や「値下がりしそうなので売却したいが、手元に株券がない」場合に、一定の委託保証金を証券会社に担保として差し入れることによって、買付に必要な資金や売付に必要な株券等を証券会社から借り入れて売買できる取引のこと。借り入れた株券等や資金は、あらかじめ定められた期限(弁済期限)までに返済する必要があり、この期限を超えて信用取引を継続することはできない。

  • 信用アラート通知(しんようあらーとつうち)
    • カブドットコム証券独自の通知サービスの名称。 信用期日が近づいてきたり、保証金維持率が所定の割合を下回ってきた場合に、指定された電子メール、電話、携帯電話へ期日到来日や建て玉状況を通知するサービス。

  • 信用倍率(しんようばいりつ)
    • 「信用買い残÷信用売り残」で計算され、信用取引の「買い方」と「売り方」の取組状況を表す。 買建玉は弁済期限までに返済(または品渡し)する必要があるので、 信用買い残が増えると売り圧力が強まる可能性がある。


      逆に、売建てた株式は弁済期限までに買い付ける必要があるので、信用売り残が増えると買い圧力が強まる可能性がある。 信用倍率は、信用売り残が増えて1に近づいてくると株価上昇の可能性が高まるため市場で好感されるが、 比率が10倍を超えると買いが一方的で相場が過熱していると言われる。

  • 制度信用取引(せいどしんようとりひき)
    • 品貸料及び返済期限等が証券取引所の規則により一律に決定されている信用取引。証券取引所に上場している株券を対象とする。また、制度信用取引の場合、証券会社は貸借取引を行うことができる。

  • 制度信用銘柄(せいどしんようとりひきめいがら)
    • 制度信用取引ができる銘柄。証券取引所が決めた銘柄に限られる。なお、制度信用銘柄を対象とした買付けならば貸借取引により買付代金を借り入れることは原則として可能だが、売付株券を借り入れることができるのは、制度信用銘柄のうち貸借銘柄に限られる。

  • 貸借銘柄(たいしゃくめいがら)
    • 制度信用銘柄のうち、証券会社が証券金融会社から制度信用取引のために必要な買付資金および売付有価証券の貸付けを受ける取引(貸借取引)を行うことができる銘柄。

  • 代用掛目(だいようかけめ)
    • 委託保証金として代用有価証券を差し入れた場合、その代用有価証券を金銭として評価する際の割合のこと。 現金の担保価値を100%とすると、代用有価証券の担保価値はそれよりも低く評価される。 代用掛目は有価証券の種類によって異なる。カブドットコム証券では信用取引における代用掛目は以下の通り。
      ・東証・大証・名証上場株式:前営業日の終値の80%
      ・JASDAQ上場株式:基準値の80%
      ・東証マザーズ・ヘラクレス上場株式:前営業日の終値の80%
      ・ETF(株価指数連動型投資信託)及びREIT(不動産投資信託):前営業日の終値の80%
      ※なお代用掛目は原則80%ですが、銘柄ごとに個別の代用掛目が設定されることがあります。

  • 建玉(たてぎょく)
    • 信用取引で新規の買付又は売付した取引(建玉日、売買の別、銘柄、株数、単価など)のこと。

  • 追加保証金(ついかほしょうきん)
    • 委託保証金維持率(カブドットコム証券では25%、法令・諸規則等では20%)を下回った場合、委託保証金率(カブドットコム証券では30%)を回復するまで差し入れなければならない保証金、またはその金額。「追証(おいしょう)」とも言う。

  • 二階建て(にかいだて)
    • 保証金として差し入れた株券(代用有価証券)の銘柄と買建玉の銘柄で同一銘柄が含まれる時、それを「二階建て」と呼ぶ。二階建てにしていると損失が膨らむことがあるので要注意です。

      カブドットコム証券では、市場の状態や個別銘柄の値動き等より独自に「二階建制限銘柄」を選定する場合があります。また、建玉・代用有価証券に二階建制限銘柄が含まれる場合、新規建玉注文や代用有価証券掛目を規制することもあります。

  • 配当金相当額(はいとうきんそうとうがく)
    • 建玉が配当金の権利確定日をまたいだ場合、配当金支払時期に配当金相当額の授受を現金で行う。買建てであれば配当金相当額を受け取り、売建てであれば支払うことになる。


      配当金支払時期に建玉があるかどうかは関係なく、あくまで配当金の権利確定日をまたいだかどうかがポイントとなるため、すでに返済が終了した建玉について配当金相当額の授受が発生することもある。
      また、これら配当金相当額は一般の現物株と同様、税金を源泉徴収された後の金額である。

  • 返済売り(へんさいうり)
    • 信用取引(買建)の決済において、買い付けた株式を売却し、その売却代金と貸付金を差金返済すること。

  • 返済買い(へんさいがい)
    • 信用取引(売建)の決済において、貸付株券と同銘柄の株式を買い付け、買付代金と売建て時の金額を差金決済すること。