絶対守るぞ売買ルール


ルール1 買い場は3点のみ

(1)上昇相場の立ち上がり


(2)全ての移動平均線が右肩上がりで押し目で買う

ポイント1 逆指値で損きり(ロスカット)をして利益を伸ばす


損切設定

買い注文を入れる時に予め反対売買注文ができる証券会社を選びます。
反対売買とは決済注文のことです。

買い注文する時に、下がった時の損切価格を決めて注文を出しておきます。

これは必ずそうしてください。これができると勝てるようになります。機械的に淡々と注文を出します。逆にこれができないなら,一歩前進二歩後退のように損失が大きくなる可能性高いのです。


損切ができないと、次の買いのチャンスも逃しますし、何しろ損が大きく膨らむだけです。利益を伸ばすための必要経費として僅かな損をすると考えたらどうでしょうか。


 ⇒ >>記事の続きはこちら

ポイント2 ローソク足移動平均線から売買のタイミングを知る


押し目買いマスター



チャートの勉強は必須です。基本さえ押さえれば、大丈夫。


あとは売買タイミングをはかるためのテクニカル指標が少し使えればいい。


テクニカル指標マニアにならないように。あれこれ使う必要はありません。
買うタイミングは3つです。
中でも代表的なものが押し目買いです。⇒ >>記事の続きはこちら

ポイント3 現物株の買いから行う(空売りはまだ早い)

最初から空売りしようなんて猛者はいないでしょう。
普段の買い物の経験から「買う」のは馴染みがあるので、
感覚的にわかりやすい「買い」から始めましょう。


証券会社に預けてある現金の3倍購入できても、
信用買いは最初はやめておきましょう。


3倍買った途端に、精神は不安定になり、
損切は余計に難しくなります。


大幅下落にでもなったら、胃が痛くなり、
頭を抱えこんでしまい身動きできなくなります。


信用取引の怖さを知ってる人は現物でしかやりません。
3倍儲かるよりも3倍損する確率は、ぐっと上がります。


ポイント4 証券会社の推奨株は買わない 

証券会社の推奨株を買って痛い目にあうことは日常茶飯事です。
少し考えればわかる事ですね。


証券会社が購入した株式は、利益を出すためなんですから、
証券会社がそれを売りたいと思えば、
買った価格よりも釣り上げて高い時に売りたい。


当たり前です。
推奨株は高く売るためのコマーシャルだと思えば間違いないです。
ホントの情報は大口の顧客だけに流します。
ましてや無料の情報で儲かるほど甘くはありません。


その点チャートは正直です。
会社の業績などのファンダメンタルなど全ての情報が集約されて
チャートが出来上がるわけです。
チャートを分析する能力さえあれば、勝てる投資家になれます。

ポイント5 株の掲示板で交流などしない

初心者は不安なので、
誰かの意見を聞きたいもんなんです。

良くわかるんですが、
お互いわからない者同士の意見は心を乱しさえすれ、何の得もありません。


そんな暇があるならチャートの勉強でもするべきです。
孤独に耐えるべきです。
勝つ投資家は掲示板に書き込みなどしません。


それと掲示板には意図的にゴミ株を売りたい集団が、
意図的な煽るような書き込みをして、
ひっかかるカモを探してることもあります。


はい、ずっと昔、ひっかかったカモは私です、。
ITブームの時にリキッドオーディオジャパンという
滅茶高い株(暴力団絡み)の株に引っかかりましたね。


掲示板覗いてる暇があったら、チャートの勉強をしましょう。
有料情報を購入して勉強するぐらいの気持ちが欲しいです。